着色の発達上の利点–パート3

ブログ



Save image
私たちの包括的なシリーズであるカラーリングの開発上の利点を引き続きご覧いただきありがとうございます。過去2週間で、教育者、心理学者、およびその他の子どもの発達を研究または研究している他の人々が、着色行為に関連するいくつかの際立った利点があることを確認しました。認知上の利点、心理的な利点、および生理学的な特典があります。着色は、色に対する意識の発達、手と目の協調の改善、境界の指導、空間認識の向上、創造性の刺激、自己表現の促進、および子供が学校の準備をするのに役立ちます。最後の記事を読み続け、着色に関連する発達上の利点についてさらに学習します。

手書きの改善
発達の専門家は、手紙を印刷したり、筆記体を作成したりする子供の能力に役割を果たす特定の要因があると判断しました。これには、細部に特別な注意を払う子どもの能力、手の強さ、子どもの器用さが含まれます。子供に着色活動を提供し、すべてのタイプのページを実行するように促すことで、細部に関しては注意の幅が広がり、小さな手が強化され、器用さが向上します。結局のところ、着色は手書きに積極的に貢献することが知られている活動です。

心理的発達を改善し、感情的な健康を改善する
着色は、子供を落ち着かせ、治療効果が高いと考えられている活動です。子どもたちはしばしば、自分が持っている感情を処理し、欲求不満に対処し、彼らに触れる感情を処理するのに苦労します。着色は非常に人気のあるレクリエーション活動ですが、心理的発達を促進するのを助ける能力があることが現在知られています。これは、注意欠陥多動性障害、強迫性障害、うつ病、不安症、自閉症などの症状に苦しむ子供たちにとって、特に有益な利点です。子供が感情の内面の混乱や生活の外の状況に前向きで生産的な方法で対処できるようにしたい場合は、単に子供に色を付けるように促してください!

このシリーズを読んだところで、着色に関連する主な発達上の利点のすべてを理解しました。今日、子供が色を塗る方法はいくつかあります。店舗で購入できる標準の塗り絵、オンラインで印刷可能なぬり絵、スマートフォン、タブレット、その他のモバイルデバイスで使用できるデジタルぬりえアプリがあります。

子供がどのように着色するかに関係なく、子供が単に着色することを確認することが重要です。お子様が自由に使えるように、さまざまな色のオプションを用意することをお勧めします。たとえば、子供がクレヨン、マーカー、および色鉛筆を使用できるようにする必要があります。同様に、お子様が利用できるさまざまなぬり絵を用意するのも良い方法です。

お子様用にさまざまなページを用意したい場合は、次のリンクにアクセスして、さまざまなページを閲覧することをお勧めします。https://jf-canecas.pt/

著者について

Pinterest YouTube
Marian Hergouth

マリアンhergutは、1953年に生まれました。グラーツの哲学の学部で教えを学びます。

私の絵についての考え

私は幼児期以来ファインアーツに従事していました。色はいつも私を魅了してきた、特に赤。

I最も賞賛色グスタフ・クリムトとフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー。

図において、私は、エゴン・シーレのラインを賞賛します。私は深く絵のオーストリアの伝統に根ざしています。