着色療法–アルコール依存症を克服するための全体論的アプローチ

ブログ

米国だけでも、毎年300万件を超えるアルコール依存症が確認されています。アルコール中毒は、相互に関連する多数の要因に起因します。これらには、遺伝学、人生経験、社会的環境、そして患者の感情に基づく健康が含まれます。多くの人がアルコール飲料を社会的に消費しており、依存症に悩まされていないことは事実ですが、その消費が生活の複雑化を引き起こしている場合、それは問題です。これを読んでいると、あなたはアルコール依存症であるかのように感じるか、またはアルコール依存症に問題があると思われる誰かを気遣って愛している可能性が高いです。この壊滅的な病気に利用できる多くの治療法があります。例としては、カウンセリング、治療、リハビリなどがあります。あなたが全体論的なアプローチを求めているなら、着色療法は急速に人気を得ています。



Save image

着色療法とは何ですか?

着色療法は、個人が着色ベースのアートメディア、私たち一人一人の内にある一般的な創造的プロセス、および結果として生じる創作プロセスを利用して内部の感情を探求し、内部ベースの感情的な葛藤をうまく調和させ、意識を高める芸術療法の一形態です。自分自身の、そして効果的に従事者の生活に有害である様々な行動や依存症を管理します。着色療法に従事することにより、個人は現実の方向性を最適化し、ストレスと不安のレベルを首尾よく低減し、強力な社会的スキルを発達させ、自尊心を向上させることができます。着色療法の最終的な目標は、個人の正常な機能と全体的な幸福感を回復することです。着色療法は、現在、病院、リハビリ施設、危機管理センター、精神科施設で一般的となっている芸術療法の一形態です。近年、この芸術療法の形態はアルコール依存症の治療において非常に生産的であることが見出されています。

アルコール依存症の徴候と症状

アルコール依存症は、中毒者の生活を破壊するだけでなく、中毒者が関係し、相互作用する生活を破壊する能力を持つ壊滅的な病気です。アルコール依存症の一番上の兆候および/または症状は、機能するために化学物質を必要とするか、飽くことのない肉体的および/または精神的な飲酒を求めています。病気が進行するにつれて、同じ効果を得るためにますます多くの物質が必要になります。アルコール依存症が発生している次の兆候は、化学物質が消費されない場合の離脱です。離脱症状の例としては、不安、震え、吐き気、嘔吐、抑うつ、およびアルコールを摂取していない期間の食欲不振などがあります。他の兆候や症状には、飲酒に対するコントロールの喪失、禁煙したいが禁煙できない、他の活動への関心の喪失、個人的な問題や仕事に関連する問題の発達などがあります。

癒し

アルコール依存症からの癒しのプロセスは、多くの場合、長く広範囲にわたる手順です。芸術療法は現在、常習者の生活を向上させるための効果的なツールであると考えられています。着色療法は、患者の心、体、精神を癒すのに役立ちます。今日の世界では、アルコール中毒に結びついている人のために利用できる多くの全体的な着色療法士がいます。プロの芸術療法プログラムに加えて、中毒者は、本を着色したり、インターネットから無料の着色ページを取得したりして、自己回復することがあります。着色の利点の詳細については、https://jf-canecas.pt/category/blogのブログにアクセスしてください。

著者について

Pinterest YouTube
Marian Hergouth

マリアンhergutは、1953年に生まれました。グラーツの哲学の学部で教えを学びます。

私の絵についての考え

私は幼児期以来ファインアーツに従事していました。色はいつも私を魅了してきた、特に赤。

I最も賞賛色グスタフ・クリムトとフリーデンスライヒ・フンデルトヴァッサー。

図において、私は、エゴン・シーレのラインを賞賛します。私は深く絵のオーストリアの伝統に根ざしています。